玉ねぎと香味野菜の焼肉のたれ特選レシピ

玉ねぎと香味野菜の焼肉のたれ特選レシピのページです。

血液サラサラ効果が期待できる玉ねぎたっぷりの自家製ダレから人気店のプロの味の特選レシピなどについて詳しく解説しています。

りんごと玉ねぎで作る焼肉のたれの簡単レシピ

りんごと玉ねぎの材料をたっぷり使ったご家庭でもお手軽に作れる、りんごと玉ねぎの自家製焼肉のたれです。

とろみのあるタレでお肉にしっかり絡んで美味しいです。

 材料(仕上がりの量約500CC)

りんご 1個(約240グラム)、玉ねぎ 小2個(約160グラム)、しょうゆ 200cc、日本酒 100cc、にんにくすりおろし 小さじ2杯、豆板醤 小さじ2杯、砂糖 大さじ6杯

サラダ油 小さじ2杯、すりごま 大さじ4杯、一味唐辛子 お好みで

※仕上がりの量が約 500CCとやや多めになっていますが、例えば、半分の250CCしか必要ない場合はそのまま材料を2分の1にして使う材料の量を置き換えてください。

 作り方

1.りんごと玉ねぎを小さく切る

りんごは皮をむいて種を取り除き、いちょう切りにして1~2センチ角程度の大きさに切ります。

玉ねぎは薄茶色の表皮を剥いてみじん切りにします。(多少粗くても1~2センチ角程度位ならOKです)

2.フードプロセッサーにかける

「1」で小さく切ったりんごと玉ねぎに、しょうゆ、日本酒をフードプロセッサーの容器に入れて、全体がなめらかになるまでフードプロセッサーにかけます。

3.鍋に材料を入れる

鍋に「2」でフードプロセッサーにかけた材料と一味唐辛子以外のすべての材料を入れます。

4.材料を煮詰める

鍋を中火にかけて、焦げつかないように混ぜながら5分程煮詰め、ふつふつと沸騰してきたら弱火にします。

5.辛さを調整して仕上げる

煮詰めたら火を止めて一味唐辛子を加え、味見をしながら辛さを調整したら出来上がりです。

玉ねぎと香味野菜で作る焼肉のたれの簡単レシピ

玉ねぎと香味野菜で簡単に作れる焼肉ダレのレシピです。

 材料

赤ワイン 計量カップ1杯

材料A(はちみつ 大さじ4杯、砂糖 60グラム、ざらめ糖 80グラム、しょうゆ 計量カップ2杯、みそ 小さじ2杯)

材料B(すりおろす材料とその分量:りんご⇒計量カップ1/2杯分に、たまねぎ⇒計量カップ1/2杯分に、にんにく⇒大さじ4杯分に、しょうが⇒大さじ2杯分に、ごま油:大さじ4杯、すりごま(白):大さじ6杯)

 作り方

1.下ごしらえとして材料Bのりんご、たまねぎ、ニンニク、ショウガを上記の量の分だけすりおろします。

2.鍋に赤ワインを入れて火にかけ、沸騰し始めたら弱火の状態にして更に約1分間程度熱し、アルコール分をとばします。

3.鍋に材料Aを加えて混ぜ合わせ、再び沸騰させてざらめ糖が溶けたら火を止め、そのまましばらくおいて冷まします。

4.そのまましばらく置いて人肌くらいの温度になったら材料Bを加えて混ぜ合わせます。

 一口メモ

・作った焼肉のたれを一晩寝かせておくと、味がしっかりとなじんでタレにとろみが出てまろやかな味わいになります。

・冷蔵庫で約5日間程度保存可能です。

東京・新小岩にある人気店の玉ねぎの焼肉のタレ

おろし玉葱だれ

濃厚な味のリブロースや肩ロースの部位の焼肉を、玉ねぎの甘さと大根おろしの香味でさっぱりと味わえる、焼肉のたれのレシピです。

醤油のたれに、おろした玉ねぎと炒めた玉ねぎの2種類を漬け込むのが味に深みを出すキモになります。

 材料

カツオだし 360CC、みりん 180CC、日本酒 180CC、しょうゆ 1リットル、玉ねぎ 4個、ローリエ 3枚、粗びきコショウ 適量、大根おろし 適量

上記の分量は焼肉店の業務用なので量がかなり多いですので、ご家庭などで作られる場合は上記分量の何分の1かを各材料の分量の割合に応じた量の材料で使用することになります。

 作り方

1.鍋に水とカツオ節を入れて火にかけ、沸騰したら布でこしてすんだ風味かつおだしをとります。

2.別の鍋に日本酒、みりんを入れ、火にかけて沸騰させてアルコール分を飛ばします。

3.沸騰させてアルコール分を飛ばしたら「1」のカツオだしとしょうゆを鍋に加え、沸いたら火を止めて冷まして粗熱(あらねつ)をとります。

4.玉ねぎ4個のうち、2個はおろしがねですりおろし、残り2個は半分に切って薄くスライスします。

5.スライスした玉ねぎとローリエを油を引かずに炒めます。

焦げないように弱火で30分炒め続け、玉ねぎがしっかりと茶色になったらコショウを加えます。

6.寸胴に「3」と「4」のおろし玉ねぎと「5」の炒めた玉ねぎを合わせ、冷蔵庫で2~3日寝かせたら出来上がりです。

提供時はたれを多めに器に注ぎ、大根おろしと万能ねぎを添えます。

神戸の人気焼肉店のオニオンソース

このお店では、ロースやモモ系の部位などの焼肉用に提供されているオニオンソースのつけだれです。

塩味と通常の焼肉だれの中間の味として、ステーキソース感覚で楽しんでもらえます。

玉ねぎは炒めずに電子レンジで温めることで柔らかくして甘みを出し、同時に余計な水分を飛ばします。

 材料(1回の仕込み分)

玉ねぎ みじん切り 200グラム、赤ワイン 200CC

材料A(おろしニンニク 200グラム、水あめ 50グラム、ハチミツ大さじ 1杯、ケチャップ小さじ 1/2杯)

しょうゆ 100CC、おろしショウガ 2グラム、粗びき黒コショウ 大さじ1杯、たまりしょうゆ 小さじ1杯、バルサミコ酢 小さじ1/2杯、米酢 小さじ1/2杯、カイエンヌペッパー 2振り

 作り方

1.みじん切りにした玉ねぎを容器に入れて蓋をし、電子レンジ(750W)で加熱した後、ふたを外してさらに1分間熱し、玉ねぎの水分を飛ばします。

2.「1」の作業の間に、赤ワインを鍋に入れて加熱し、火をつけてアルコール分を飛ばし、アルコールが飛んだら火を止めます。

3.「2」の鍋に「1」の玉ねぎと材料Aを加えます。

強火で1分ほど煮詰め、玉ねぎの風味と甘みを引き出します。

4.1分間加熱したら火を止め、残りの材料を加えて混ぜ合わせます。

粗熱がとれたら冷蔵庫に入れ、1日寝かせてから使用します。


焼肉のたれ特選レシピ集

古都金沢伝統の味『直源 丸大豆醤油』仕込みの絶品ダレで味わう亀山社中の焼肉