ネギ塩ダレの特選レシピ

ネギ塩ダレの特選レシピを紹介しているページです。

ネギ塩ダレで作れる料理の一例を紹介しながら、すぐに作れる即席のレシピや、レンジでチンするだけのネギ塩ダレ、群馬・館林の「医食同源」を理念に掲げる人気店のプロの味まで、ネギ塩ダレの作り方を詳しく解説しています。

ネギ塩は和・洋・中と様々な料理に合う万能ダレ

ネギ塩ダレは焼肉屋さんでよく出される人気のあるたれですが、そのさっぱりとした風味は牛肉だけではなく鶏肉や豚肉とも相性抜群です。

豚肉

焼肉の上にトッピングして食べる以外にもネギ塩ダレを使って豚肉でこんな料理が作れます。

 ネギ塩ダレの豚丼

炒めた一口サイズの豚肉と4~5センチ位に切った水菜をご飯にのせ、上からネギ塩ダレをかけて仕上げに塩ゴマをふって出来上がりという、いたってシンプルなどんぶりですが、ガッツリ系が好きな人には結構、喜ばれそうです。

 ネギ塩ダレの豚焼肉

1.ロース肉(豚のしょうが焼き用)の両面に塩と粗びき黒コショウを少々ふります。

2.ゴマ油(小さじ1杯程度)をひいたフライパンを中火で熱し、豚肉を入れて両面をこんがりとなるまで焼きます。

3.焼けた豚肉をお皿に盛ってネギ塩ダレをたっぷりかけて粗びきコショウをお好みでふってレタスなどの葉物野菜を添えたら出来上がりです。

鶏肉や魚

鶏肉では、鶏のもも肉をネギ塩ダレと一緒に混ぜてフライパンで蒸し焼きするだけの簡単で美味しいメニューもありますし、鶏肉のから揚げにネギ塩ダレをたっぷりかけて食べると一味も二味も違ったから揚げになります。

鶏のから揚げ以外にも魚のフライやサバや鮭などの焼き魚などにもネギ塩ダレはよく合います。

ごはん、麺類、冷奴など

また、肉や魚以外にもごはんやおかゆ、麺類、冷奴などともよく合います。

特に冷や奴とも相性が抜群で、ゴマ豆腐の冷奴にネギ塩ダレをトッピングするととっても美味しくいただけます。

このようにネギ塩ダレは和・洋・中と様々な料理に合いますので、ごはんやおかずのお供に常備菜としてまとまった量を作り置きしておくと便利です。

密封した容器で冷蔵庫に入れておくと1週間程度保存可能ですが、容器は作り置きしたネギ塩ダレを入れる前にあらかじめ煮沸消毒しておいた方がよいです。

火を通さずに作れる簡単レシピ

パパッと作れる即席ネギ塩ダレ

焼肉やバーベキューで何か物足りないなあというときにパパッとお手軽、簡単に作れちゃうネギ塩ダレのレシピです。

 材料

万能ねぎ 1束、塩 小さじ2杯、黒コショウ 小さじ2杯、炒りゴマ 大さじ4〜5杯、 サラダ油 大さじ8杯

 作り方

1.万能ネギをみじん切りにして炒りゴマをすります。

※ゴマすり用の鉢を使わなくても炒りゴマをビニール袋に入れてビニールの上からめん棒を転がしてすりゴマにすることもできます。

2.上記の材料の全部をボウルに入れて十分に混ぜ合わせます。

3.しばらくおいてネギがしんなりしてきたら完成です。

 一口メモ

混ぜ合わせた後にあわてずにしばらく置いてネギをしんなりさせるのが美味しく作るコツです。

お家で簡単に作れる焼肉屋さんのネギ塩ダレ

焼肉屋さんで出されるような美味しいネギ塩ダレの簡単レシピです。

 材料(4人分)

長ねぎ 1本弱、レモン汁 大さじ1杯と1/3、ごま油 1杯と1/3、塩 小さじ1杯弱、こしょう 少々、白ごま お好みで

 作り方

1.長ネギを粗めにみじん切りにします。

2.上記の材料をすべてボウルに入れて混ぜ合わせます。

3.混ぜ合わせたら5分以上しばらく置いておき、長ネギがしんなりしたら出来上がりです。

 一口メモ

焼肉で食べる野菜、サンチュにこのネギ塩ダレを巻いても美味しくいただけます。

レンジでチンの簡単レシピ

鶏がらだしのネギ塩ダレ

鶏ガラだしの効いたバーベキューのお肉に合いそうなレンジでチンして簡単に作れるネギ塩ダレです。

 材料

長ねぎ 2本、鶏ガラスープの素 大さじ半分〜1杯、塩 小さじ1杯、すりおろしにんにく チューブタイプで3〜5cm程度、ごま油 大さじ1杯、レモン汁 適量

 作り方

1.長ネギを粗めにみじん切りにして耐熱容器に入れます。

2.長ネギの入った耐熱容器に鶏ガラスープの素、塩、すりおろしにんにく、ゴマ油を入れ、水を大さじ3杯程度加えて、材料をかき混ぜます。

3.材料の入った耐熱容器をラップして電子レンジの800Wの設定で1分30秒から2分間程度温めます。

4.温め終わったら電子レンジから容器を取り出して人肌程度の温度になるまでしばらく置いておきます。

5.人肌程度の温度になるまで冷ましたらレモン汁をお好みの量だけかけたら出来上がりです。

老舗・人気店の本格派の味

焼肉の老舗・人気店で提供される本格的なネギ塩ダレのレシピです。

レシピにある材料の分量はあくまでお店がお客さんに提供している業務用の分量ですので、実際にご家庭で作られる際はレシピの使われる各材料の全体に占める比率を参考にされるとよいでしょう。

群馬・館林の老舗焼肉店のネギ塩ダレ

「医食同源」を理念に掲げるこのお店独自のネギ塩ダレで、ごま油で長ネギとニンニクを炒めた香ばしい香りが食欲をそそります。

レモン汁を加えることで爽やかな風味を残しているので、、ゴマ油ベースながら、後味がさっぱりしています。

このお店では、厚切りの和牛カルビに、つけダレとして、わさび醤油とともに添え、2種類の味付けで提供されています。

 材料

長ネギ 420グラム(約4本相当分)、ゴマ油 500CC、おろしニンニク 60グラム、いり塩 50グラム、コショウ 適量、うま味調味料 少々、レモン 適量

 作り方

1.長ネギは、青い部分と白い部分に分け、それぞれ粗めにみじん切りします。

2.フライパンを中火にかけ、ゴマ油を入れ、油が熱してきたらおろしニンニク、切った白ネギ、青ネギを入れ、炒め合わせます。

3.ほんのり焼色がついて香りが出てきたら、いり塩、コショウ、うま味調味料を加え、さらに炒め合わせ、火を止めます。

4.火を止めた後、レモン汁をフライパンに直接絞り入れ、さっと混ぜ合わせて完成です。

 一口メモ

レモン汁は加熱すると香りが飛んでしまうので、火を止めてから加え、余熱だけでなじませます。


焼肉のたれ特選レシピ集 亀山社中焼肉