亀山社中焼肉のおいしさの秘密

亀山社中焼肉の美味しさの秘密についてのページです。

亀山社中焼肉の美味しさについて「氷点下熟成」「華咲きカット」「秘伝の生ダレ」という三つのこだわりを取り上げながら紹介していきたいと思います。

美味しさの秘密は氷点下熟成にあり

亀山社中焼肉の美味しさの秘密は熟成されたお肉にあります。

お肉を熟成させると酵素が発生しますが、その酵素の働きでタンパク質が分解されてアミノ酸やペプチドなどのうまみ成分に変化し、肉の繊維の構造を弱めたり、膨潤化されて柔らかくなります。

ある研究機関の調査によるとある一定の条件の下で熟成された牛肉の場合、アミノ酸の量は熟成する前と比べて5~6倍に増加し、しかも2割減程度の力でもかみ切れるくらいまで柔らかくなるそうです。

要は熟成させるとお肉の旨みがめっちゃ増えて柔らかくなるのです。

亀山社中焼肉は、食材のお肉のうま味とやわらかさを増すために、氷点下の環境で寝かせ、熟成させることでうまみのしっかりとついたお肉に仕上げています。

亀山社中焼肉のトレードマークの華咲きカット

亀山社中のトレードマークともいえるのが美しいフォルムの切れ目の入ったこの華咲きカット

でもただ美しいだけじゃあありません。

この華咲きカットの切れ込みも亀山社中焼肉のおいしさの秘密なのです。

お肉をやわらかい食感にするために各部位の特徴に応じてお肉の両面に華咲きカットの切込みをいれています。

隠し包丁のこの独自のカットで肉厚ながらも柔らかくておいしい亀山社中の焼肉を味わっていただけることができます。

「直源丸大豆醤油」仕込みの秘伝の生ダレ

亀山社中焼肉のおいしさの秘密は手間暇かけて作られたこだわりの秘伝の生ダレにもあります。

加賀百万石の城下町の金沢が誇る伝統の味「直源丸大豆醤油」で仕込んだ生ダレは、風味、うまみの出る厳選したこだわりの材料でお肉を鮮やかに引きたたせてくれます。

また水を一切使っておらず、手間暇をかけて作りこんでいるので生ダレの贅沢なコクを味わうことができます。

他にもこの生ダレは防腐剤も使用していないのでカラダにもやさしく、タレのとろみを出したり沈殿させないような増粘剤も一切使用していないのでお肉が焦げ付きにくくなっています。

以上「氷点下熟成」「華咲きカット」「秘伝の生ダレ」という三つのこだわりについて紹介させていただきましたが、この製法の三つのこだわりが亀山社中焼肉を柔らかくてジューシーで噛めば噛むほどうま味が出て美味しいお肉にしているのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です