仙台の人気B級グルメ

仙台人気B級グルメの代表格 杜の都仙台名物の肉厚牛タン

仙台の人気B級グルメでなんといっても外せないのが、杜の都仙台名物の肉厚牛タンです。

仙台人気B級グルメの代表格の牛タン焼き定食の写真



牛タンというと関西人の私の中では薄っぺらい肉にレモンを付けて焼き網の上でひらひらと炙って食べるというイメージが強いですが、仙台の肉厚牛タンは、読んで字のごとく肉厚の牛タンをまるでステーキでも頬張るような歯ごたえのある食感で十分に満足して味わえる、仙台の人気B級グルメの代表格です。

その肉厚牛タンは、「杜の都仙台肉厚牛タン誕生秘話」にもあるように、1948年(昭和23年)に当時の焼き鳥店「太助」初代店主、佐野啓四郎という人が試行錯誤を重ねて生み出した牛タン料理の「牛タン焼き」がそのルーツであるといわれています。

この方は元々は和食職人で当時は焼き鳥屋を営んでいたのですが、たまたま親友の知り合いの経営する洋食店に招かれ、そこで初めて口にしたタンシチューのコクのうまさに魅せられ、その後、牛タンを食材にした新しいメニューの創作に取り掛かるようになり、牛タンの切り身の厚さ、肉の熟成期間、炭火の火力など、様々な角度から研究、試行錯誤を重ね、ようやく現在の、塩味で熟成させた厚切の牛タン肉を炭火焼きで調理するという調理法にたどり着いたそうです。

牛タン料理は地元仙台では数多くの店が営業しており、特にテールスープと麦飯がセットになった牛タン焼き定食は仙台のお昼のランチの定番メニューです。

仙台で有名な牛タン焼きの店をあげると、先述の牛タン焼き発祥の店とされる「旨味太助」、「味の牛たん喜助」、「べこ政宗」、「伊達の牛たん」、「利久」などがあげられ、仙台以外にも「味の牛たん喜助」は東京、大阪、横浜など、「利久」は東京、大阪、博多、札幌などにもお店を出しているので、お住まいの地域にあれば、お店に直接訪れて杜の都仙台名物の本場の肉厚牛タンをぜひご堪能されると良いでしょう。

仙台の人気B級グルメラーメン

仙台ラーメン

仙台は伊達政宗の時代から味噌が特産品で仙台市周辺のラーメンも地元特産品の味噌を使用したスープのラーメンが多く、仙台ラーメンと呼ばれています。

仙台ラーメンの代表的な店として古くから有名なのが「ラーメン味よし」というお店で辛味噌をベースとした「辛味噌ラーメン」が一番人気のメニューです。

仙台の人気B級グルメの辛味噌ラーメンの写真

他にも最近では「三色らーめん」が看板メニューの「麺屋だいず」や、「仙台BLACKラーメン」や「激辛ラーメン」が特色の「仙台らーめん飛梅」などのお店が新しい辛味噌ラーメンのスタイルを提供しています。

「天下一品」の土鍋チーズラーメン

「天下一品」といえば関西のラーメン好きの人なら知らない人はまずいないだろうという、昭和46年創業の関西を中心に全国展開している有名なラーメンチェーンです。

「天下一品」にはあっさり味とこってり味があって、大半の人が注文するのは、あのどろっとした濃厚スープが特徴のこってり味のラーメンで、硬めのストレート麺とこってり味のスープが絶妙にマッチして一度食べたら病みつきになってしまうというラーメンです。

「天下一品」のラーメンが地域や店舗によって微妙に味や濃さが違うというのは天下一品ファンの間では有名な話ですが、仙台の「天下一品」もその御多分に漏れず、ご当地メニューといっていいようなメニューがあります。

仙台の人気B級グルメの土鍋チーズラーメンの写真

そのメニューはJR仙台駅にほど近い「天下一品」中央通り店が提供している「土鍋チーズラーメン」(天下一品土鍋チーズ)というメニューで土鍋で煮込んだ超こってりのチーズ入りラーメンです。

「土鍋チーズラーメン」は思った以上に煮立っていてあまりにも濃厚なスープのため、麺を食べているのかスープを食べているのか判別できないような感覚に陥ってしまい、こってり好きの人にはたまらない味だそうです。

しかも、チーズが入っているにもかかわらず、チーズそのものの味はあまり目立つことはなく、むしろチーズの芳香な味わいがスープの旨みをより一層引き立ててくれてとろみも更に増してくれるそうです。

冷やし中華の発祥の地は杜の都仙台

冷やし中華といえば千切りのきゅうりに、輪切りのトマト、錦糸卵、ハムやチャーシューを中華めんの上にならべ酸味の効いたしょうゆだれで食べるのが定番ですが、そんな夏の風物詩的な料理、冷やし中華の発祥は実は仙台だったという説が有力視されています。

1937年(昭和12年)に仙台シナ料理同業組合が、初代組合長の「龍亭」の店主、四倉義雄を中心に夏場でも売れる新メニューの考案、開発に取り組み、麺を水で素早く締めてツルツルとのど越しの良い食感を出そうと、試行錯誤の末、「涼拌麺」という新メニューの考案、開発が行われ、それが冷やし中華の原型となったのではないかといわれています。

hiyasicyuuka

当時開発した「涼拌麺」というのは、植物油をまぶして麺が固まらないようにしたり、具材は、茹でたキャベツ、塩もみしたキュウリ、細切りのニンジン、トマト、チャーシュー、タレは鶏ガラスープをベースに醤油、酢を加え、さっぱりとした味に仕上げ、麺と具の上からたっぷりかけたものだったそうです。

当時、ラーメン1杯が10銭ほどに対し、発売された「涼拌麺」は25銭と高価だったに関わらず、もの珍らしさも手伝って人気を呼び、仙台市内の中華料理屋では広く出されるようになっていったそうです。

中国でも冷麺や涼拌麺(リャンパンメェン)のような類似の麺料理がありますが、水の衛生状態のよくない中国では麺を直接水で締めずに団扇などで麺を冷ます調理法なので、水で麺を締めるという調理法は美味しい水の出る日本の風土から生み出されたものだと考える方が自然なようです。

冷やし中華の発祥の店といわれている中華料理店「龍亭」は現在でも仙台市青葉区で営業しており、看板メニューはやはり今でも、「涼拌麺」(元祖冷し中華)だそうです。

さらに、その23年後の1960(昭和35)年に家庭用の冷やし中華「元祖だい久 冷やし中華」という商品が同じ仙台の製麺会社から発売され、冷やし中華の液状のたれをつけるという斬新な当時のアイデアで爆発的なヒットとなり、名称も「涼拌麺」「冷やしそば」「冷やし中華そば」などとまちまちに呼ばれていたものが「冷やし中華」と呼ばれるようになり、夏の食卓の定番メニューとして定着していくようになりました。