杜の都仙台名物肉厚牛タン誕生秘話

杜の都仙台名物肉厚牛タン誕生にまつわる興味深い秘話をこのページでは紹介しています。

 杜の都仙台の名物といえば肉厚牛タンが有名ですが、この「仙台牛タン」の名称で親しまれている牛タン料理は地元仙台では数多くの店が営業しており、通販でも多くの業者が取り扱っている全国的な名産品となっています。

焼き鳥屋さんの始めた「牛タン焼き」がルーツ

 その牛タン料理ですが、もともとは戦後間もない1948年(昭和23年)に当時の焼き鳥店「太助」初代店主だった佐野啓四郎という人が始めた「牛タン焼き」がその始まりだそうです。

 当時は終戦直後の混乱期で仙台市内も他の大都市同様、治安が非常に悪く、喧嘩や酔っ払いが横行し、そんな状況下に町のいたるところで戦争未亡人たちが飲食店を開いていました。

 佐野啓四郎という人は非常に男気のある人だったそうで、そんな飲食店を開いている戦争未亡人たちが喧嘩や酔っ払いに巻き込まれそうになったときは、いつも救いの手を差し伸べ、店の屋号の「太助」も、そんな男気のある佐野氏を見ていた保健所の方から「一心太助」という屋号にしてはどうかと提案され「一心」の文字を抜いて「太助」にしたというのが由来だそうです。

 佐野啓四郎という人はもともとは和食の職人で焼き鳥店中心の飲食店を経営していたのですが、当時の食糧難の事情も相まって鶏肉以外にも豚肉や牛肉などの素材も使用して様々な焼き料理を提供していました。

 ところが、焼き料理は比較的簡単な調理法のものが多く、ヒット商品を次々と生み出すのですが、同業者も同様に類似のものを提供するようになるのでそのことに悩まされ、次第に誰にもまねのできない自分だけしかできない料理を提供したいという思いが次第に強くなっていったそうです。

 そんな中、当時洋食店を経営していた佐野氏の親友に相談し、その際にその親友の知り合いの経営する洋食店で出されたタンシチューを初めて口にした佐野氏はタンシチューのコクのある旨さに魅せられ、そこから新たに牛タンを取り入れたメニューの開発に乗り出します。
 
 ところが、当時、牛タンの素材が仙台市内では殆ど販売されておらず、材料確保のために宮城県内を始め、山形県などのあちこちの畜場に出向いて素材の確保に奔走し、苦労されたそうです。

 ただ、この牛タン肉などの調達方法については、終戦直後当時、仙台に駐留していたアメリカの進駐軍の残した牛のタンやテールから調達したという説もあり、これについて仙台牛タン振興会はアメリカ軍に供給されていた牛肉は既に解体済みの輸入肉で牛タンはもともと含まれていなかったとして全面否定しています。

 調理方法では牛タンの切り身の厚さ、熟成期間、塩の加減、炭火の火力などのありとあらゆる角度から研究を重ね、試行錯誤の末に和食職人の着想でようやく現在の切り身にして塩味で熟成させて焼くという調理法にたどり着かれたそうです。

 この仙台牛タン焼きが有名になったのは、日本が高度経済成長時代に突入し、日本の各都市から仙台への転勤族や単身赴任者たちが増え、仙台牛タン焼きの味を赴任先の仙台で知り、東京などの都市に戻ったサラリーマンたちの間で人気が出てからのことである。
 
 また昨今の健康志向の世相とも相まって低脂肪高タンパクの食材としてマスコミ等で紹介されてから仙台牛タン焼きもメジャーな名産品として広く周知されるようになっていったのです。