牛タンを美味しくフライパンで焼く方法

 杜の都仙台名物の肉厚牛タンを通販などで購入して自宅で調理する際の焼き方ですが、フライパンで調理するか、焼き網や七輪の炭火焼で焼くかによって多少変わってくるかと思います。

 ここでは既にタレがついた牛タンを購入したことを前提にフライパンでの調理法を紹介させていただきます。(関連記事:「牛タン定食の簡単な作り方」

牛タンをおいしく解凍する方法

 牛タンを美味しく焼くには美味しい状態に解凍することが必要です。

 通販などで購入した場合は購入元から大抵は冷凍した状態でクール宅急便などでご家庭に届けられるのですが、杜の都仙台名物肉厚牛タンを美味しくいただくには牛タンの肉をおいしい状態になるよう解凍しておくことが必要です。

 牛タンの肉をおいしく解凍する一番の方法は、時間がかかりますが、冷凍状態の肉を冷蔵庫の冷蔵室に移して半日~1日じっくり時間をかけて自然解凍する方法です。

 もうひとつ比較的時間のかからない方法は水道水を流しながら流水で解凍する方法です。

 この方法ですと冷蔵庫で解凍するように半日も1日も時間をかける必要がありませんが、水を大量に使ってしまうため経済的にはあまりよくありませんし、肉汁も流出しがちになります。

 裏ワザとしては氷水に浸けて解凍する方法がありますが、これは流水よりは時間がかかりますが、冷蔵庫ほどに解凍時間はかかりませんし、流水解凍よりも肉汁の流出を抑えられます。

 冷蔵庫などで解凍した肉をさらに美味しい状態でやくために、焼く30分ほど前に冷蔵庫から出して常温にもどしておくのがよいでしょう。

 間違ってもやってはいけないのは、冷凍状態の牛タンをそのまま焼いてしまうことです。

 冷凍状態のまま焼いてしまうと焼きムラができてしまい、あまりおいしさは期待できなくなります。

牛タンをフライパンで美味しく焼くとっておきの方法

フライパンを使って牛タンをおいしく焼くための手順とコツを紹介したいと思います。

焼き方の手順

1.フライパンを白い煙が出るまで強火で熱し、白い煙が出てきたら油を少しだけひきます。

2.フライパンに牛タンが重ならないように一枚づつ載せていきます。

3.そのまま強火の状態で1分から1分半程度を目安にして焼き、牛タンの肉の中央部分がふっくらとして来たら肉を返します。

4.ひっくり返した後も肉の裏面を同じく1分から1分半程度かけて肉の両面がきつね色になるまで焼きます。

おいしく焼くコツ

肉汁を逃さないように弱めで焼かずに強めでさっと焼くのがポイントです。

牛タン表面のたんぱく質を焼き固めることで肉汁が閉じ込められ、調理後の肉厚牛タンを噛んだ時にうまみ成分の肉汁が口いっぱいに広がっていく美味しさを存分に味わえます。

焼きすぎも硬くなるので注意してください。

焼き時間の1分から1分半というのはあくまで目安ですのでご使用の家庭用調理台によって多少差異があるかもしれませんのでご了承ください。

老舗「肉のいとう」の杜の都仙台名物肉厚牛たん

美味しく解凍する方法や、とっておきの焼き方をマスターしたら後はを牛タンをお取り寄せするだけですね。

お取り寄せするなら、やはり通販のお取り寄せが便利です。

中でもオススメなのが通販でもダントツ人気の本場仙台の老舗「肉のいとう」の杜の都仙台名物肉厚牛たん

肉のことを知り尽くした「肉ソムリエ」の店主 伊藤 攻が長年にわたる知識と経験を活かし、牛たんの味を最大限に引き出す「秘伝の味付け」をしてご提供させていただきます。

注文リンク