海鮮バーベキューのおススメ食材とレシピ

バーベキューのコツとノウハウ

海鮮バーベキューのおススメ食材とレシピのページです。

バーベキューというとどうしても牛や豚のお肉がメインになってしまいがちですが、魚や貝の海の幸の食材を使っての海鮮バーベキューもお肉中心のバーベキューに飽きた方には新鮮ですし、お肉と織り交ぜながらやるとバーベキューの幅も広がります。

海鮮バーベキューの食材の画像

貝類の海鮮バーベキュー

貝類は海鮮バーベキューの中でも特におススメの食材です。

殻付きのホタテやアサリなんかに醤油やバターを入れてグツグツ焼いたのなんてサイコーにうまいですよねえ。

海鮮バーベキューでは殻付きのホタテの食材でバター焼きをされる方も多いかと思いますが、焼きすぎなどで失敗しがちなホタテを上手に焼く方法定番メニューのあさりのバター焼きのレシピを紹介したいと思います。

海鮮バーベキューで人気のホタテ

失敗しないホタテの上手な焼き方

海鮮バーベキューというとまず思い浮かぶのが、このホタテという人が多いと思いますが、ここではホタテの下処理の仕方や焼き方のコツなどを紹介したいと思います。

ホタテを焼く前の下処理

「ホタテの口」がなかなか開かずに、そのままにしておいたら焼きすぎてホタテの中の身が固まってたという失敗をされた方も多いと思います。

そのような失敗をしないために、焼く前に洋食ナイフなどでホタテの「身」の部分を殻から一旦外し、その後再度「身」を殻の上に載せます。

こうすることで焼き具合もわかり、出汁もこぼれてしまう心配もありませんし、食べるときに身と殻を剥がすという手間も省けちゃいます。

ホタテを上手に焼く3つのポイント

1.強火で一気に焼く。

2.出汁が沸騰してきたタイミングでホタテの「身」を殻の上でひっくり返して一歩手前の「9割の焼き加減」まで焼く。

3.貝柱の色が半透明から白色に変わったらしょうゆなどの調味料をまわしかけて30秒程度置いておく。

調味料は控えめに

海鮮バーベキューでの貝類は焼くことで食材本来のうま味を引き出してくれるのでそのうまみをしっかりと味わうためにも調味料は少し控えめにした方がよいと思います。

しょうゆなどをまわし入れるのも焼き終わった位のタイミングで十分です。

あさりバターのホイル焼き

海鮮バーベキューでお手軽に作れるホイル焼きの簡単レシピです。

海鮮バーベキューで人気のあさりバター

材料 4人分

殻付きのあさり500グラム、バター大さじ2杯、ニンニク適宜、白ワインか酒 大さじ2杯

作り方

1.あさりを50℃のお湯につけ、お湯の中であさりの殻同士をこすり合わせながら洗い、5~15分程度放置して砂抜きをする。(注意:お湯の温度は50℃で行わないと5~15分で砂抜きできないので50℃をきちんと守るように行ってください。)

2.二重にしたアルミホイルで適当な形の器を作り、アルミホイルの器にあさりと薄切りにしたニンニクを入れ、白ワインかお酒を大さじ2杯ふりかける。

3.器にふたをしてバーベキューの網に乗せて焼き、あさりの口が開いたらアルミホイルを広げてパセリを散らす。

魚の海鮮バーベキューのおススメ食材とレシピ

生魚よりも干物で焼くのがおススメ

色々な食材を焼いて楽しむのもバーベキューの醍醐味であまり一つの食材に時間をかけずに調理しやすい食材を選ぶのも一つのテクニックです。

生魚は焼く際に焦げ付きやすく身も崩れやすいので、海鮮バーベキューの中でも上手に焼くのが難しい食材です。

生魚よりも干物の方が一夜干し程度の干物でも焦げ付きにくく、濃厚なうまみも出てくるので魚の食材は干物を選ぶようにしましょう。

おススメ調理法の「ホイル焼き」

魚の海鮮バーベキューで特におススメな調理方法が「ホイル焼き」です。

アルミホイルに、鮭やタラの切り身にもやし、バターなどを入れて網で焼くだけですが、シンプルな調理の割にはすごくおいしく仕上がります。

海鮮バーベキューで簡単に作れる人気のサケとタラのホイル焼きのレシピを紹介したいと思います。

簡単お手軽な鮭のホイル焼きのレシピ

海鮮バーベキューの鮭のホイル焼き

材料(4人分)

鮭の切り身4切れ、玉ねぎ1個、えのき2袋、しめじ1袋、もやし適量、塩コショウお好みで、バター20グラム程

作り方

1.玉ねぎは薄切りにしてしめじ、えのきのきのこ類は石突き(きのこの根元部分)を切って石突きは細かく切っておく。

2.30センチ×40センチ程度のサイズのアルミホイルの上に、もやし、玉ねぎ、鮭、きのこ類、とのせていき、塩コショウをふりかけ、最後にバターをのせる。

3.アルミホイルの上下、左右の端と端を合わせて3回程折ってしっかりと閉じる。

4.バーベキューコンロに乗せて10分程度で鮭の色が変わり、玉ねぎやもやしがしんなりしてきたら出来上がり。

各自お好みでレモン汁やポン酢をかけて召し上がってください。

タラの塩レモンホイル焼き

海鮮バーベキューのタラのホイル焼き

材料(4人分)

タラ4匹、塩こしょう適量、塩レモン小さじ2杯、エリンギ2本、酒2ふり、マヨネーズ小さじ4杯

作り方

1.エリンギは1口大のサイズにカットしてタラの両面に塩コショウをふりかける。

2.アルミホイルにタラ、エリンギをいれ、塩レモンとマヨネーズをトッピングして上記の鮭のホイル焼きと同じ要領でアルミホイルを閉じる。

3.バーベキューコンロに乗せて10分位焼いたら出来上がり。

エビの海鮮バーベキュー

海鮮バーベキューでやるエビは基本、塩コショウで味付けして殻をむかずにそのまま焼いた方が香ばしさが出ておいしく食べれます。

エビの洗い方のコツ

エビは水だけで洗っても汚れも臭みも取れにくいので塩と片栗粉を使って汚れを落とす。

まずエビに塩をふってその上から片栗粉をまぶして水でよくなじませながら洗うと汚れがよく落ちます。

エビの背ワタの取り方

エビの背中を丸めて頭側から2節目のところに竹串を差し込んで少しずつちぎれないように黒ずんだ背ワタを引き抜いていく。

海鮮バーベキューにおススメのエビ

 クルマエビ

一般にクルマエビと呼ばれるのは国産のクルマエビ科クルマエビのことを指し、体長は15~30センチ程度で旨みが強く、高級食材として取り扱われています。

海鮮バーベキューで人気のクルマエビ

ワタをとって塩だけのシンプルな味付けで炭火のバーベキューで焼いて食べると高級食材だけあって絶品です。

 ブラックタイガー

日本では最もポピュラーな種類のエビですが、フライをはじめ幅広い用途に使われているエビですが、養殖物が主流で価格もリーズナブルですが、甘み、うまみの点では高級食材のクルマエビよりも多少落ちるので塩焼以外に味噌やにんにくなど味付けにバリエーションを加えるとおいしく味わえます。

海鮮バーベキューのブラックタイガー

 伊勢えび

いわずと知れた高級エビの代表格で海鮮バーベキューでもスペシャル感を演出するのにピッタリの食材です。

海鮮バーベキューのイセエビ

背を真っ二つに開いて鬼殻焼きにすればゴージャス感極まった料理になりますが、よっぽど魚料理に慣れていないとさばくのは大変なようです。

簡単に作れるエビのBBQレシピ

海鮮バーベキューで簡単に作れるエビの人気レシピです。

エビのアヒージョの超簡単レシピ

アヒージョはオリーブオイルとニンニクで煮込んだスペインの代表的な料理の一つです。

海鮮バーベキューのアヒージョ

スペイン料理アヒージョの超簡単に作れるレシピです。

材料

冷凍エビを食べたい分とそれに応じた適量のニンニク、オリーブオイル、塩(クレイジーソルト)、ホームセンターなどで販売している調理用のアルミ深皿を用意。

作り方

1.アルミ深皿にオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れ、バーベキューの網の上で火にかける。

2.一煮立ちしたら塩を入れる。

3.ニンニクに火が通ったタイミングで冷凍エビを投入していく。

4.エビにも火が通ったら完成。

こんがりと焼いたフランスパンにつけて食べるといかにもヨーロピアンという感じでさまになって美味しいですよ。

エビのマリネ焼き

材料

殻つきエビ 20~30尾、ナンプラー 40~60cc、レモン汁1個分、荒挽き黒コショウ

作り方

1.「エビの洗い方のコツ」の要領でエビを洗ってキッチンペーパーでふいてしっかりと水気をとる。

2.「1」でしっかりと水気をとったエビをナンプラー、レモン汁、こしょうを混ぜ合わせた液に1時間以上漬け込む。

3.「2」で漬け込んだエビをバーベキューの炭火でエビの格好が丸くなるまで焼きあげたら出来上がり。

一口メモ

「1」であらかじめ背中に切り込みを入れておくと食べるときに皮がむきやすくなります。

「1」「2」は現地で時間短縮させるために自宅であらかじめ下ごしらえしておいた方がよいでしょう。

イカの海鮮バーベキュー

バーベキューでめちゃ受けしそうな屋台風イカの丸焼きのレシピと切り身をトマト煮にしたスペイン料理のレシピを紹介したいと思います。

屋台風イカの丸焼きBBQレシピ

海鮮バーベキューでやるイカの調理法の王道はやっぱり「丸焼き」でしょう。

海鮮バーベキューの定番のイカの丸焼き

新鮮なイカを炭火で焼くとイカの身がふわっ、ふわっとしてたまらないですよねえ。

材料 

イカ 4~5杯、醤油、みりん、さとう、お酒を適宜用意。

作り方

1.イカを塩水で洗い、はらわたと軟骨を取り除いて下ごしらえする。

2.イカの胴体の部分に皮のついた状態で包丁で細かい切込みを入れておく。

3.醤油、みりん、さとう、お酒を入れたタッパにイカを1時間以上漬け込んでおく。

4.漬け込んでおいたイカをタッパから取り出してバーベキューグリルでそのまま焼く。

5.焼いている途中でタッパの残り汁をかけ、香ばしい香りがして来たら出来上がり。

一口メモ

イカ焼きのタレに酒を加えることで臭みが抜け、ふっくらと焼きあがります。

イカのトマト煮のBBQ簡単レシピ

材料

ロールイカ 2~3枚、カットトマト缶 1缶、味塩コショウ 適宜、バジル 10枚程度、にんにくチューブ お好みの量

作り方

1.ロールイカに格子状に包丁で切込みを入れ、適当な大きさにカット。

2.アルミホイルでフライパン代わりに使う適当な器を作る。

アルミホイルの器の画像

3.カットしたロールイカをバーベキューの焼き網でさっと炙り、味塩コショウを振る。

4.あぶったロールイカを「2」で作ったアルミホイルの器にトマト缶のトマトと一緒に入れて煮る。

5.味塩コショウとにんにくで味を調え、ちぎったバジルを加えたら出来上がり。

海鮮バーベキューのおススメ食材亀山社中のジューシー焼肉があればもう鬼に金棒!


よろしければ関連記事も☺

バーベキューで使える変わり種の食材

バーベキュー食材のおすすめリスト