バーベキューコンロの種類と選び方

バーベキューコンロの種類と選び方について解説しています。

自分たちでバーベキューをするのに真っ先にそろえなければいけない一番メインとなる道具であり、その選び方如何でバーベキューの内容も随分と変わってきます。

バーベキューコンロの種類

バーベキューコンロは使う火力によって、ガスを使うガスグリルと炭火を使うチャコールグリル(炭火焼き用グリル)の大きく分けて2種類があります。

ガスグリルのメリット、デメリット

ガスグリルのメリットはやはり何といっても火をつけるのがとても簡単だということ。

チャコールグリル(炭火焼き用グリル)と違って炭の後片付けなどもしなくて済むし、手間が殆どかかりません。

木炭を使ったチャコールグリル(炭火焼き用グリル)ですと、初心者の方は火をつけるだけでもなかなか容易ではありませんが、ガスグリルだとワンタッチ操作で台所のコンロのようにいとも簡単に火がつくのでとっても楽ちんです。

でも、逆に苦労して炭で一から火を起こすのがバーベキューの醍醐味だという人だと少し物足りないというか、あっけないと感じる人もいるでしょう。

デメリットは炭火で焼くのと比べて味が落ちること。

この味の落ち具合の感じ方の度合いで人によってはそれが致命的な欠点になったりしますが、炭火で焼くのと比べてその差は歴然としているようです。

なぜ炭火と比べて味が歴然としているのかというと、ガスで焼いた場合、空気との化学反応で二酸化炭素と水蒸気が発生し、その発生した水蒸気が焼肉に触れてどうしても水気を含んでべチャッとしてしまうからです。

それなら網焼きではなく、鉄板焼きにしたらいいのではということになりますが、そうなるともはや、バーベキューというよりも家の中のホットプレートでの焼肉と同じような味となってしまい、わざわざ外で焼肉するという意味があまりないようになってきます。

ですからチャコールグリル(炭火焼き用グリル)での焼肉はあまり味には期待しない方がよさそうです。

チャコールグリルのメリット、デメリット

ガスグリルのメリットのところでも少し述べたように木炭を使ったチャコールグリルは火をつけるのがバーベキュー初心者にとってはなかなか難しく、おまけにバーベキューを終えた後も炭の後始末をきちんとしなければいけません。

バーベキューで使った炭火を完全に消してしまわないと山火事の原因にもなります。

また、チャコールグリル(炭火焼き用グリル)ですので燃料の木炭を始め、火をおこすのに使う着火剤や火おこし器、炭ばさみや火消し壺などの道具も必要となってきます。

火を付けるのに手間がかかること、バーベキューコンロの他に木炭や道具を別にそろえなければならないこと、がチャコールグリル(炭火焼き用グリル)のデメリットということになります。

それに対してのメリットは、これもガスグリルのデメリットのところで少し触れさせていただいた通り、ガスグリルと比べて焼肉の味が歴然としている、人によっては決定的に違ってくるといったレベルの差にまでなるということです。

それは炭火の遠赤外線効果にあります。

通常、コンロなどで食材を焼くときには遠赤外線と近赤外線という2種類の赤外線が発せられるのですが、近赤外線は食材の表面を焼くのに対し、遠赤外線は食材の内部を焼きます。

炭火ではガスに比べて約4倍の赤外線を放出して、炭火の強い赤外線は食材の表面をカリッ、カリッに焼き上げ、肉の旨みの元となる肉汁を閉じ込め、更に遠赤外線効果によって肉の内部まで火をしっかりと通してくれます。

バーベキューやるならやはりチャコールグリル

先ほどはバーベキューコンロには使う火力の違いにより、ガスグリルと炭火を使うチャコールグリル(炭火焼き用グリル)の2種類があって、それぞれのメリットとデメリットを説明しましたが、せっかくバーベキューをやるなら美味しい肉が食べたいわけで、焼き方からして味の差が歴然としている炭火焼でやるチャコールグリルの使用をおススメします。

もちろん、炭火焼きですと木炭の調達から他にも火を起こす道具をそろえなければいけませんが、やっぱり炭火である程度の手間暇をかけて火をおこすのもレジャーとしてのバーベキューの醍醐味ですし、みんなで一緒に楽しんでやるのもよき思い出になるのではないかと思います。

なのでチャコールグリルのバーベキューコンロでおススメのものを紹介したいと思います。

おススメのバーベキューコンロ

 グリルマスター・ライト・バーベキューコンロ

アウトドアブランドのCAPTAIN STAGの提供する4~6人向けのバーベキューコンロです。

機材の脚の高さが調整でき、テーブルの上でも直接地面に立てることもでき、収納の際は脚が本体に収まって持ち運びに便利です。

継ぎ足し口が付いているので炭の継ぎ足しも割と簡単にできます。

値段も5千円前後と比較的お手頃価格でお求めやすいです。

 コールマンのクールスパイダーステンレスグリルレッド

定評のあるコールマンのバーベキューコンロです。

3人~4人用のバーベキューコンロで炭を入れる部分が引き出し式になっているので炭の補充が楽にできます。

オールステンレス製なのでさび付くこともなく簡単に水洗いできます。

 尾上製作所(ONOE) フォールディングバーベキューコンロ

2~3人向けの折り畳み式のバーベキューコンロです。

キャリーケースも付いているのでコンパクトに折りたたんで持ち運びに便利です。

コンロの組み立ても簡単で水洗いも可能で後片付けやメンテも手軽にできます。

バーベキューコンロの賢い選び方とポイント

やはりプロに相談するのが一番

ガスグリルやチャコールグリルのそれぞれのメリット、デメリットや、炭火で焼くチャコールグリルの方が炭の扱いが初心者にはハードルが高いけれど、肉のおいしさが断然違うのでチャコールグリルの方をおススメしたいこと、さらにはおススメのチャコールグリルを紹介させていただきましたが、以上のようなことを踏まえたうえでバーベキューコンロの賢い選び方としては、実際にホームセンターやアウトドア用品の専門店に行って、商品知識の豊富なプロの店員さんに聞いて相談するのが一番だと思います。

用途やスタンスを明確に

相談される際は、使う人数(大人何人、子供何人)や用途(お家のお庭でのホームパーティーに使うのか、野外のキャンプ場で使うかなど)、使用頻度(月に1回か、季節ごとか)、初心者か否かなどを明確に伝えて相談されると、それにあった一番適切なバーベキューコンロをチョイスしてくれると思います。

ただ向こうも商売なのでできるだけ高価なものを勧めてくるかもしれませんので、使い勝手よりも値段の方を優先するのか、少々高くても使い勝手の方を優先するのかその辺のスタンスもしっかりと伝えておいた方がよいです。

お気に入りのバーベキューコンロ華咲カットが自慢の亀山社中の焼肉をジュージュージューシーに焼きましょう!


バーベキューのコツとノウハウ

よろしければ関連記事も☺

バーベキューに必要な道具の準備用リスト

バーベキューの炭のおこし方