バーベキューでの食中毒予防

バーベキューでの食中毒予防について、その主な原因となる腸管出血性大腸菌のO157やO111、サルモネラ属菌などの対処法や生のお肉の取り扱いや食べ方などの具体的な対策をこのページではわかりやすく紹介しています。

食中毒を引き起こす原因

夏場になると野外のキャンプ場などでバーベキューを楽しまれる方も多いかと思いますが、実はこのシーズン、食中毒になるリスクが非常に高い時期でもあるんです。


食中毒を引き起こす主な原因の一つとして「細菌」によるものがありますが、その食中毒を引き起こす代表的な細菌としては、世間を一時お騒がせした(腸管出血性)大腸菌のO157やO111、カンピロバクター、サルモネラ属菌などがあげられます。

これらの細菌は暖かくなって気温が約20度になる位から活発に増殖をし始め、35~40℃の体温くらいの温度になると更に増殖スピードが加速して最も活発になります。

まさに夏場になると活発化するわけですが、食中毒を起こす細菌の中でも、カンピロバクターは生の鶏肉や牛肉、肝臓(レバー)に、腸管出血性大腸菌(O157、O111など)は牛肉などに付着しているので、十分に加熱されていない生の状態で肉を食べると、細菌が体内に侵入して発熱や腹痛、下痢、吐き気などの食中毒の症状を引き起こす原因となります。

また調理の過程などで生肉を触って手の指やまな板などの調理器具を通して、細菌のついた野菜などを食べたりすることで食中毒を引き起こすケースもあります。

バーベキューでの食中毒を予防する方法

バーベキューをしていてできるだけ食中毒になるリスクを軽減する予防法には例えば次のようなものがあります。

こまめに手を洗うようにする

これはバーベキューに限らず食べ物を扱う際の常識の範疇になりますが、特に男性の場合、調理の時も手を洗わない人が意外と多いようです。

夏場に野外でバーベキューをやるときは気温も高く、食中毒の原因となる菌が非常に繁殖しやすい環境にありますので、調理の前後以外でも、食べる前などもこまめに手を洗うように努めましょう。

生の肉を他の食べ物に触れないようにする

焼肉やバーベキューの食材を切ったり焼いたりしている調理の過程でも食材を保管する際も、菌が付着してしまわないように生の肉を他の食材、特に生で食べる野菜などにはできるだけ触れないようにすることが食中毒の予防やリスクを軽減する上でも大切です。

具体的には次のようなことをするとよいでしょう。

食材ごとに袋をわける

食材をクーラーボックス内で保管する際も、生の肉や魚に付着している菌が他の食べ物につかないように、生の肉や魚と、生で食べる野菜などの食材とは密封できるジップロックなどの袋に入れてそれぞれ別々の袋で保管するようにしましょう。

生の肉を取る箸を別にする

バーベキューや焼肉では生の肉をつかむ箸は別にして間違えないように他の箸とは色形の違うものにします。

生で食べるものを先に調理する

生の肉を切ったりして調理した後のまな板で、生で食べる野菜などを扱うと肉に付着していた菌がまな板を通じて野菜などにも付着してしまいますので生野菜のように加熱せずに生で食べるものは生の肉や魚よりも先に調理するのも一つの方法です。

肉は十分に焼いてから食べる

細菌は人の体温の高さまでは繁殖が活発化しますが、高温で加熱すると殆どの細菌は死滅しますので、バーベキューや焼肉では肉を十分に焼いてから食べるようにしましょう。

大腸菌のO157やサルモネラル菌などには75℃、ノロウイルスには85℃、それぞれ1分間以上の目安で肉の内部を加熱するのが効果的です。(内閣府・食品安全委員会「食中毒を防ぐ加熱」より)

バーベキューコンロでの焼肉は火加減の調整がなかなか難しく、特に遠赤外線の弱いガスグリルのコンロの場合、十分に火を通すようにしないと表面は焼けていても中は生焼けになっていることもあるようなので加熱の際は注意しましょう。


バーベキューのコツとノウハウ 亀山社中焼肉

よろしければ関連記事も☺

バーベキューでやってはいけない危険なこと

バーベキューの山火事対策


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です